【要注意】銀行口座なしでお金を借りる時のデメリットとは?

【要注意】銀行口座なしでお金を借りる時のデメリットとは?

  • 銀行口座なしでもお金を借りることはできるの?
  • 銀行口座なしで作れるローンカードは、危ないところだけ?
  • 即日で借りたいけど、銀行口座なしじゃ無理だよね?

 

銀行口座なしでお金を借りる男性

 

お金を借りるとなると、銀行口座を準備しなければいけない…。

 

なんとなく、これが常識だと思っている人って多いのではないでしょうか?

 

今日中に借りたいけど、銀行の営業時間がお昼の3時までだから、もう間に合わないから無理だ…

 

銀行口座でお金を借りる男性

 

こんな風に考えている人は、少なくないのではないでしょうか?

 

結論から言うと、銀行口座なしでもお金を借りる事は可能です!

 

しかも、銀行が営業を終えた夕方以降でも、銀行口座なしで、かつ即日でお金を借りることは可能となっています!

 

もちろん、誰でもではなく、キャッシングの審査に通過した人に限りますが…。

 

条件を満たせば銀行口座のあるなしに関係なく、24時間引き出し可能になるだけでなく、新規だったとしても即日で借りる事も難しくありません。

 

24時間時計

 

このページでは、「どうすれば銀行口座なしでお金を借りられるのか、夕方から申し込んでも銀行口座なしでお金を借りられるのか」について解説しています。

 

銀行口座なしでお金を借りる様々な方法と、その方法ごとのメリットデメリットについてもご紹介していますので、あなたに合った方法が見つけやすくなっています。

 

もしもあなたが、何らかの理由で「銀行口座を使いたくない」、「そもそも自分名義の銀行口座を持っていない」といった人であり、「今日中にでもお金を借りたい」とお考えであれば、以下を読み進めて是非お役立てください!

 

 

銀行口座なしでお金を借りることが可能な大手キャッシング

プロミス SMBCモビット アイフル
銀行口座なしでお金を借りるなら、初回の人には無利息サービスがあるプロミスがお勧めです。メアドとWEB明細を登録するだけで、借入翌日から最大30日間無利息で借入が可能です。 WEB完結申込サービスを利用すれば、郵送物なし、カードなし、なおかつ電話連絡もなしにできる秘匿性の高いキャッシングサービスを利用することが可能です。 アイフルにも無利息サービスが準備されています。初回の人には契約日翌日から最大で30日間の無利息期間が提供されていますので、アイフル未経験者は検討してみると良いでしょう。
プロミス SMBCモビット公式 アイフル公式

 

大手消費者金融で銀行口座なしでお金を借りる方法

 

プロミス、アイフル、SMBCモビットで銀行口座なしでお金を借りる方法を見ていきましょう。

 

まず銀行口座が必要となるケースですが、これは借りたお金を「銀行振込」で受け取ったり「口座引き落とし」で返済したりする場合です。

 

当然ですが、この場合には銀行口座が必要になってしまいます。

 

しかし、特別な事情がなければ「銀行振込」や「口座引き落とし」じゃないと困るといったことはないでしょう。

 

その場合には、主に以下の2つの方法で銀行口座なしでもお金を借りる事が可能となります。

 

ローンカード

 

一つの方法としては、ローンカードを発行してもらって利用する方法です。

 

ATMでローンカードを使ってキャッシングする

 

プロミス、アイフル、SMBCモビットはいずれも自社ATMや提携ATM、全国のコンビニATMで借入や返済が可能です。(SMBCモビットは自社ATMを持たない)

 

ローンカードがあれば、わざわざ銀行に行く必要がなく、近所の提携ATMやコンビニATMから手続きができて非常に便利です。

 

ただし、ローンカードを持てば「紛失」や「人バレ」のリスクが高くなることはデメリットとして覚えておきましょう。

 

そのデメリットが問題なければ、ローンカードさえあれば24時間コンビニATMから借入や返済が可能となるなど、非常に利便性高くキャッシングが利用可能となります。

 

専用アプリ

 

大手のキャッシングサービスの中では、アプリを使ってお金を借りる人も増えてきています。

 

キャッシングのローンカード

 

アプリがあれば、ローンカードと同じような機能を利用できますし、スマホの中に保管するので人バレや紛失といったリスクも減らせます。

 

ただし、アプリであれば利用できるのはコンビニATMだけ!しかもセブン銀行ATMのみとなります。

 

例えば、セブンイレブンは沖縄や鳥取や青森、高知などには出店数が少ないと聞いています。

 

近所にセブンイレブンがない地域に住んでいる人だとアプリを使ってお金を借りる権利を得たとしても不便さを感じる事が多くなるでしょう。

 

 

セブンイレブンのセブン銀行ATMを利用すれば、借入と返済の両方の時に都度「手数料」が発生します。

 

1万円以内で100円税別、それ以上の取引だと200円税別が請求されるというデメリットがあることを覚えておきましょう。


 

消費者金融から銀行口座なしでお金を借りる手続きや一連の流れ

 

消費者金融から銀行口座なしでお金を借りるためには、借入や返済の方法に対して一定の制限を受けます。

 

銀行口座なしでキャッシングするときの制限事項

 

制限といっても、銀行口座を介さずに借入や返済を行う必要があるというだけで、手続き方法を知っていれば何も戸惑うことはありません。

 

主に銀行口座なしでお金を借りる場合には、以下の方法を選択する必要があります。

 

  • 自動契約機
  • 店頭窓口
  • WEB申し込み

 

時間と手間を考えると、現在はネットにつながる環境にあるのであれば、スマホやPCからWEB申込をするのが便利な方法となります。

 

自動契約機

 

自動契約機で申込から審査待ち、契約手続きから現金引き出しという流れを踏むことが、いわゆる昔ながらの方法となりますが、今の時代では効率が悪いと言わざるを得ません。

 

自動契約機の中で一からスタートするとなると、審査待ちの時間や端末を使って情報を入力する時間、書類が不備だった場合に自宅に取りに帰ったりする時間など、手間と時間が大幅にかかるリスクが非常に高くなってしまいます。

 

店頭窓口

 

店頭窓口であれば、大手のキャッシングは銀行のような対応をしてもらえますが、やはり顔を合わせる事に抵抗がある人も多いでしょうし、同じく審査待ちの時間を店舗内で待機しなければならないなど、効率が悪い印象が否めません。

 

WEB申し込み

 

逆に、ウェブ申込であれば以下のようなメリットがあります。

 

  • 書類の提出もスマホで写メを撮って送信できる
  • 審査の申し込みをした後の待ち時間を別の事に使える
  • 審査結果を受け取ったら契約手続きもウェブで済ませられる
  • 契約書類や申込書類といったもの電子版で受け取れば手元に保管する必要がない
  • 自宅にいながら完結させることが出来る

 

最後の「自宅にいながら完結させることが出来る」に関しては、銀行口座がなければお金を出金しに行かなければならないので、正確にはメリットには含まれませんが…。

 

 

WEB申し込みの中に、上記の「専用アプリ」を使う選択肢が含まれます。

 

WEB申し込みをして、契約が完了した後に専用アプリをダウンロードし、登録すればカードのような感覚で利用が可能となり便利です。

 

ただし、繰り返しになりますが「セブン銀行ATM限定」であり且つ「手数料が発生する」というデメリットもある為、アプリでお金を借りる人は事前に把握しておくようにしましょう。


 

消費者金融から銀行口座なしでお金を借りるメリットとデメリットとは?

 

消費者金融から銀行口座なしでお金を借りる場合、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

銀行口座なしでキャッシングするときのメリットとデメリット

 

メリットとデメリットの両方を把握したうえで、銀行口座なしで借りるのが良いかどうかを判断しましょう。

 

銀行口座なしでお金を借りるメリット

 

メリットとしては、やはり銀行口座をわざわざ開設する手間が省けるというのが挙げられます。

 

消費者金融を利用するためだけに銀行に行く必要がなくなりますから、敷居が低くなったと感じる人も多いことでしょう。

 

また、家族に内緒で消費者金融を利用したい場合にもメリットが生まれます。

 

銀行口座を使って借入や返済をしていると、通帳に「取引履歴」が残ってしまいます。

 

通帳を見られて消費者金融からお金を借りているのがバレてしまったというケースも多いのですが、こうした心配がなくなります。

 

消費者金融の中でも貸金業法を遵守している大手のキャッシング会社であれば、この辺の配慮もされてはいます。

 

口座に記帳した際に会社名ではなく、個人名に変更してくれたりなど、プライバシーの保護には抜かりがありません。

 

しかし、人の口座を見るくらいの人なら、知らない名前で引き落としや振り込みが行われていれば見過ごすことは無いでしょう。

 

結局、問い詰められてバレてしまうといった事態になりえます。

 

誰にも知られずに消費者金融を利用したい人にとっては、銀行口座なしで利用すれば通帳バレのリスクがなくなるという、地味だけど意外と大きなメリットがあります。

 

 

バレにくい銀行口座としては「楽天銀行」「ジャパンネット銀行」のようなネットバンクだと、リスクが下がります。

 

ネットバンクは基本、銀行口座なしでWEB通帳での取引となりますので、銀行口座なしでお金を借りるデメリットを克服したいと考えている方にお勧めです。


 

銀行口座なしでお金を借りるデメリット

 

次にデメリットも見ていきましょう。

 

デメリットとしては、口座からの自動引き落としが利用できないという点が挙げられます。

 

いわゆる「口座振替(口フリ)」という方法です。

 

  • 手数料0円
  • 毎月決まった日に自動で引き落とし
  • ATMや店頭まで出向く必要なし

 

こういった口座振替のメリットが無くなりますね…。

 

返済日を管理するのが苦手だって人も中にはおられることでしょう。

 

キャッシングに限らず、期限や約束事を間違ったり、忘れてしまったりすることが昔から多いって人です。

 

その場合、20日に自動で口座から引き落としされて返済するような設定をしておけば忘れる事がなくて便利です。

 

しかし、銀行口座がなければ店頭やATMで振込手続きをする必要があり、口座振替というメリットが使えなくなるというデメリットが挙げられます。

 

 

ちなみに、口座振替にもデメリットがあり、返済額が最小返済額しか設定できない、指定銀行があり場合によっては所持する口座が使えない、口座に残高を入れ忘れると延滞となってしまうといったデメリットも存在しますので覚えておくと良いでしょう。


 

ローンカードなしでキャッシングするメリットとデメリットとは?

 

最近では消費者金融を利用するためのローンカードが不要なことも増えています。

 

ローンカードなしでお金を借りるメリットデメリット

 

大手消費者金融などでは、ローンカードなしでキャッシングできるところがほとんどという状態です。

 

銀行口座なしの場合だけでなく、ローンカードなしの場合にもメリットとデメリットがありますので、それぞれを知っておきましょう。

 

ローンカードなしのメリット

 

ローンカードがないことのメリットとしては、「紛失のリスクがないこと」が挙げられます。

 

カードを紛失して第三者に悪用されてしまうといったリスクがなくなり、自分以外がキャッシングを利用することがまず不可能になります。

 

また、カードを家族や知人に見られることで消費者金融の利用がバレることもなくなり、秘密にしておきたい方にとっては大きなメリットとなります。

 

カードを保管したり、持ち歩いたりする手間もなくなり、利便性が向上すると言えるでしょう。

 

ちなみに、大手のキャッシング会社であればカードに関しても分かりづらいような配慮をされてはいます。

 

しかし、通帳の記帳の場合と同じく「ネットで調べればわかる」という点で、カードバレが心配なら持たないのが一番だといえます。

 

ローンカードなしのデメリット

 

ローンカードがない場合には、銀行口座を作るか、アプリに対応している会社で契約するかという選択肢になります。

 

ローンカードがあればATMで手軽に引き落とし出来る場合でも、ウェブで振込手続きをしてから銀行や銀行と提携しているATMまで出向く必要があります。

 

また、アプリを使ってお金を借りたり返済したりする場合には、何度もご説明済みですが「手数料」が発生してしまいます。

 

これは100円とか200円という話ではありますが、返済の都度、借入の都度発生するとなるとバカにならない金額となります。

 

例えば、ローンカードがあればファミリーマートのメディア端末機で返済すると、手数料が0円で済みます。

 

メディア端末

 

コンビニのATMを利用すると必ず手数料が発生しますが、返済の時に限りローンカードがあれば無料で返済が可能となり便利です。

 

マルチメディア端末は、手続きをしてレシートが発行されますので、それをレジに持っていき返済をする流れとなります。

 

 

レシートには、消費者金融名が明記されていますので、レジ係の人にはキャッシングの返済だと知られるというデメリットもあります。

 

マルチメディア端末での返済でファミリーマートに行く際には、なるべく近所じゃないファミマのほうが良いかもしれませんね。


 

\大手キャッシングサービス/

今なら無利息サービスもあります!

 

消費者金融から銀行口座なしで即日融資を受ける為の方法と条件とは?

 

銀行口座なしだと、当然ですが銀行口座がないと振込先がないわけですから銀行振込による即日融資は不可能となります。

 

銀行口座なしで即日融資する方法

 

即日で銀行口座なしでお金を借りる方法

 

銀行口座なしでお金を方法としては、ATMで借入することになります。

 

ただ、カードを自宅まで「郵送」してもらい受け取る形だと、郵送に時間がかかり即日での融資が不可能となります。

 

即日でお金を借りたいということであれば、郵送ではなく「自動契約機」を使ってカードを発行するという方法になります。

 

自動契約機ならカードもその場で発行してもらえ、発行後はすぐにATMで借入が可能になります。

 

郵送する手間がなくなるので、即日融資も十分に可能です。

 

カードを使いたくない、持ちたくないということであれば、専用アプリでの方法となります。

 

アプリでの方法やデメリットについては既にご紹介済みですので、確認したい人はこちらをどうぞ。

 

即日でお金を借りる為の条件とは?

 

即日でお金を借りる為には、以下の条件を満たす必要があります。

 

銀行口座なしで即日融資する為の制限時間

 

  • 審査申込時間内である
  • 在籍確認が可能である
  • 必要書類の提出が可能である

 

審査申込時間内である

 

テレビCMでもお馴染みの大手キャッシングだと「24時間受付中」といったフレーズを目にします。

 

なんとなく24時間いつでも申込が出来て、かつ審査をしてくれるような印象持ちませんか?

 

実際には、24時間受付されてはいますが、審査を行うのは営業時間内だけです。

 

だいたい朝9時〜夜9時までの時間が審査受付時間となっており、その時間外の申し込みに関しては翌営業日の朝9時以降ということになります。

 

 

そのため、即日でお金を借りる為には、この審査時間内に申込から審査通過の通知を受け取る必要があり、そうなると遅くても19時くらいまでには申込を済ませておく必要があります。


 

在籍確認が可能である

 

在籍確認に関しては、勤務先に本当に在籍しているのか、しいては安定した収入があり、返済能力があるのかどうかを確認する為に行われます。

 

銀行口座なしで即日融資する時の在籍確認

 

「会社に電話されちゃうのかぁ〜、気まづいなぁ〜」

 

そう気構える方が多いようですが、実際にはどこから電話がかかってきたのか分からないようにキャッシング会社の方でも配慮して入電してくれます。

 

在籍確認の電話が入ったからと、「キャッシングしているでしょ?」と推測されるリスクはかなり低いと言えます。

 

仮に、会社に個人名で入電があること自体が不自然だったりすると、電話を受けた会社の人が不信に思うかもしれませんが…。

 

その際にも、何か聞かれたら「クレジットカードを新しく作ったからですかね〜、お手数おかけしてすいません…」くらい言っておけば角が立ったり、良からぬ噂を流されたりすることもないでしょう。

 

必要書類の提出が可能である

 

必要書類に関しては、基本的に本人確認書類を準備しておけばOKです。

 

そのため、銀行口座なしで即日融資を受ける場合に必ず必要というわけではありません。

 

必要に応じて、収入証明書等が求められる場合がありますので、給与明細の直近2か月分くらいを手元に準備しておくとより安心でしょう。

 

銀行口座なしで即日融資する時に提出する給与明細

 

ただし、ご利用限度額が「50万円」を超える場合の申し込みや、他社借入を奏楽して「100万円」を超える場合などは収入証明書類が必ず求められることを覚えておくと良いでしょう。

 

  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 源泉徴収票

 

いずれも最新のものを準備しておく必要があります。

 

あと、即日融資に限った話ではなく、また銀行口座なしでお金を借りる場合に限った話ではなく、必ず「本人確認書類」の提出は求められます。

 

運転免許証

 

この際の本人確認書類に関して、顔写真が付いているかどうかで効力が大きく変わります。

 

もし、健康保険証など顔写真が無いものを提出する場合には、追加で住民票や光熱費の領収書の提出が求められます。

 

顔写真の付いている運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどがあれば最適です。

 

 

外国籍の方の場合には、「特別永住者証明書」もしくは「在留カード」の提出が求められます。


 

銀行口座なしでも返済手数料を0円にする方法とは?

 

プロミスやSMBCモビット、アイフルといった大手の消費者金融で賢くキャッシングする為に…。

 

賢いキャッシング方法の一つとして、「手数料」が挙げられます。

 

お金を借りる時の手数料

 

手数料と聞くと「わずかなお金」という印象を持つ人も少なくありませんが、100円や200円でも一度なら良いとしても、何度も繰り返し発生するとなるとバカになりません。

 

銀行口座なしでお金を借りる時に、どうやれば手数料を0円で借りる事が出来るのか…。

 

結論、以下の方法をとれば手数料を0円に抑える事が可能となります。

 

  • 自社ATMを利用する
  • 店頭窓口を利用する
  • 口座振替を利用する
  • インターネット返済を利用する
  • コンビニのメディア端末を利用する

 

自社ATMとは、自動契約機などに併設されているATMになります。

 

これに関しては、SMBCモビットは自社ATMを持たないため利用できません。

 

ただし、SMBCモビットとプロミスの場合は「三井住友銀行ATM」を利用すれば返済手数料を0円にすることが可能です。

 

口座振替に関しては、基本的にどこの銀行でも指定が可能ですが、SMBCモビットに関しては「三菱UFJ銀行」か「三井住友銀行」のみと限定されています。

 

口座振替が楽なのは間違いありませんが、返済額が最少額での引き落としですので、繰り上げ返済をしないと返済期間が長期化してしまうデメリットがあります。

 

 

そもそも、このページをご覧の方は「銀行口座なし」でお金を借りたいという方が殆どだと思いますので口座振替は利用されないと思いますが、あくまで豆知識としてお伝えしておきます。


 

自社ATMもしくは三井住友銀行ATMが近所にあるか調べる、あとは「コンビニのマルチメディア端末」を使って返済する方法でも0円に出来ますので覚えておきましょう!

 

 

メディア端末というのは、ファミマ(Famiポート)やミニストップ、ローソン(Loppi)にあるマルチメディア端末と呼ばれるものです。

 

以前はLoppiでも返済手数料0円が利用できましたが、現在はLoppiでの返済サービスは終了しており、ファミマの「Famiポート一択」になっていますのでご注意ください。


 

まとめ

 

銀行口座なしキャッシングのまとめ

 

これまで見てきた通り、消費者金融でのキャッシングは、銀行口座なしでもお金を借りることも、返済することも可能です。

 

これまで銀行口座がないからキャッシングを諦めていた人も、銀行口座なしでお金を借りれるなら借りたい人も、まずは大手のキャッシングサービスから利用してみると良いでしょう。

 

大手の消費者金融では、貸金業法が遵守されており、メガバンク銀行の傘下にあるということもあり、対応はまるで銀行と同じような丁寧な対応が受けられます。

 

お金を借りることに抵抗がある人も中にはおられるかもしれませんが、返済期日を守って利用すればDVDをレンタルするのと同じような感覚でお金を借りる事ができます。

 

貸金業法を遵守する正規の貸金業者であれば、細かく貸金業法で規制されているため借入者に対して暴力的な対応をすることはなく、安心してサービスを利用できます。

 

しかも、このページをお読みになったあなたなら、銀行口座なしでも賢くキャッシングすることが可能かと思います。

 

もしもあなたも、必要な範囲内で計画的にキャッシングを利用したいとお考えであれば、以下の大手を今すぐチェックしてみてください!

 

\大手キャッシングサービス/

今なら無利息サービスもあります!

page top